2011年08月23日

◆アイレベル-メーカー編◆マンション自然素材リフォーム-2


食器棚を処分するにあたり、
O様はシステムキッチンの【アイレベル収納】についても
詳しく情報を集められていました。

アイレベル収納は、その名の通り、目の高さに取り付ける収納で、
キッチン周りでは使いやすい高さでもあります。
各メーカーで様々なタイプがあり、比較のPointでもあります。



TOTO:アイキャッチウォール
     水切りと収納が半分ずつ。
     引違戸で開けたまま作業が出来る。



ヤマハ:ウォールキャビネット
     吊戸棚一体型。水切りタイプもある。



Panasonic:電動昇降収納
        吊戸棚の収納部がアイレベルまで下がってくる。
        水切りや乾燥機タイプのものもある。
        また手動の収納タイプもある。

ご覧の様に、
 ・吊戸棚の下につけるもの
 ・一体型
 ・内部が昇降するものなど
タイプも様々です。
またリフォームには窓前に設置できるタイプもあります。

手を伸ばせば使いたいモノがスグ取れる。
アイレベルの収納は使い勝手のいいキッチンのワンポイントです。
さてさてO様の選択は…?!!  


Posted by C-chan at 13:29Comments(0)設備機器の話
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
C-chan
オーナーへメッセージ