2011年10月17日

◆無垢材で床暖房◆ マンション自然素材リフォーム-6


リフォームに際し内装についても色々と調べられ、
自然素材に目を向けられていたO様。
床は無垢材、壁は珪藻土を検討されていました。


床には桧無垢の集成フローリングが貼られました。
写真手前、リビング側には床暖房を敷設しています。
無垢材は床暖房には使用できないものも多いですが、
この桧の床材は床暖房対応タイプもあります。

桧の床にされたお客様からも
 ・梅雨時に床のベタつきがない
 ・寒くなってもヒヤリとした冷たさを感じにくい
と嬉しいお話を頂きます。

プラス床暖を取り入れると、
 夏はサラッと快適。
 冬はほんわか快適。
の「鬼に金棒」コンビです。

そして壁は珪藻土です。
調湿効果や消臭、光触媒効果に省エネなどいろいろな効果が期待でき、
室内の空気環境がより快適になります。
詳しくは「珪藻土の8つの効果」をご覧下さいませ。  


Posted by C-chan at 13:00Comments(0)リフォームの話
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
C-chan
オーナーへメッセージ